BLOG

「お灸でセルフケア」セルフケアサポーターになって初めてのお灸教室を開催しました

お灸でセルフケア

あなたは美容や健康のために、セルフケアしていることがありますか?

多くのお悩みは日々の生活習慣から生まれます。ならば日常から崩さないことが一番の対策です。
その一つの手段としてお灸を使ったセルフケアがあります。

美容や健康雑誌でもセルフケアとしてツボの紹介がされていることが多くあります。紹介されているツボを押してみたりマッサージには使ってみても、そこにお灸をする方はあまりいません。

お灸には血行や免疫を高めたり、リラックスする効果などがあります。とても良い効果があるのに、使い始めるきっかけが少ないのが残念です。

 

お灸は興味あるけどコワイ・・・

 

煙い、熱い、怖い、面倒くさい・・・お灸は良さそうだけど、ちょっと手を出しにくいという方も多いかもしれませんね。

実は、今年の10月にせんねん灸が主催する講習を受けてセルフケアサポーターになりました。お灸をしたことがない方でも「せんねん灸」という名前は聞いたことがあるかもしれませんね。せんねん灸はご自分でできるお灸です。お灸でセルフケアをしたい方にせんねん灸と鍼灸師がサポートしていきましょうというのがセルフケアサポーターの役割になります。

 

初めてのお灸教室

その一環として、12月23日(日)にお灸教室を開催しました。年内に一度やっておこうという急な思いつきな上に、連休の中日でクリスマスのイブイブといった状況ながら満席となり本当に感謝です。

今回のテーマは「入門編」として、お灸に親しみをもってもらうことを目的にお灸づくりをしたり、せんねん灸を安全に使用するための方法などをグループワークとして行いました。

始めは少し緊張があった雰囲気も、次第に和やかになり盛り上がりましたよ!お灸に対しての古いイメージもだいぶ変わったのではないかと思います。

今回の参加者の方はツボ探しの練習にも力をいれたので、雑誌で紹介されているツボにも今までよりレベルアップした使い方になるはずです!

僕が出来ることとご自身で出来ることを合わせることで、美容や健康への効果も高まります。単に鍼をするだけでなく、こうした試みも改めて大切であると感じました。

終了後に色々とご意見を伺えたので、来年はお灸に限らず企画を立てようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 100歳まで元気でいきるための正しい歩き方
  2. 老化を防ぐ糖化対策
  3. おでこが硬い時の対策と予防
  4. 肌断食で素肌の力を高める
  5. 肌トラブルは内臓の疲れ
PAGE TOP