はなぶさPRESS

お顔も使わなければ衰える

はなぶさプレス7月号

はじめに

今月で当院は、開業から9周年を迎えます。本当にありがとうございます。

今回は、ニュースレターからの記事を投稿させていただきました。

意外にも、お顔のタルミ関連のことをあまり書いたことがありませんでした・・・。

ご自宅でおこなうセルフケアのヒントになれば嬉しいです。

お顔も使わなければ衰える

お顔の悩みで必ず上位になるのはタルミ!!原因には色々ありますが、今回は「筋肉」のお話です。

体の筋肉も使わなければ衰えていくように、お顔の筋肉も使わなければ衰えます。

しかも、日本人は顔の筋肉を30%しか使えていないと言われています。パソコンやスマホばかりしている人は注意が必要です!

顔の筋肉を動かさない+画面に集中する=筋肉の血流が悪くなり顔の筋肉が硬くなる。

その結果としてタルミやすくなるので、意識的に動かすことで予防になります。

口の外側がポイント

ほうれい線

ほうれい線ってイヤですよね?口角が下がってへの字になるのもイヤです。

つまり、口元は印象を強く変えてしまいます。

顔の多くの筋肉は口輪筋という口を動かすための筋肉とつながっています。

口角の外1cmくらいにあるそのポイントは車軸点(赤マークの部分)といって、電車でいえば乗り継ぎの多いターミナル駅のようなもの。良くも悪くも影響力の大きい場所です。

そこがコリ固まると全体が引き下げられてしまうので、車軸点が硬い人は「グリグリ」ではなく優しくほぐしてみてください。

軽く押さえながら唇を色々な形に動かしてみるのも良いです!

性格が顔に出るってホント?

筋膜リリース「筋膜」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。筋膜リリースとか筋膜ストレッチとか。

皮膚と筋肉の間にある筋膜にはいくつか特徴があるのですが、ゴムのように伸び縮みするのではなく低反発クッションのようにすぐには戻れない性質があります。

つまり、習慣化した表情が固定すると戻りにくくなるということです。

昔から顔に性格が出ると言われますが、経験的にあると思います。

だから日頃から笑顔をつくったり、固定化されないように口輪筋をよく動かすことが特に重要です。

表情筋をよく動かすことで、リフトアップの助けにもなります。何より表情が豊かなほうが若く元気な印象になります。

ぎこちない作り笑いではなく、自然な笑顔がきれいにつくれる人って素敵じゃありませんか?

院長のひとり言

サッカーW杯日本代表は本当に惜しかったですね!興奮と感動をありがとう!

開催前は予選全敗なんて散々言われていたけど、選手が急に上手くなったわけではありませんよね?

基本的な個々の能力があって、それが上手くまとまったので強さが生まれはずです。美容鍼灸にも良いヒントになりますねφ(・ω・`)

それにしても西野監督は63歳ですか・・・渋いですね

最後に

今月号は、たるみにおススメのポイントと気をつけたい習慣についてご紹介しました。

お肌自体の老化については紫外線などの影響が大きいと思いますが、人の印象という観点から見るとお肌だけの問題で解決できないことが多くあります。

単にお肌のケアだけでなく、それ以外のことにも少しずつ意識が向くと成果も違ったものになります。

年齢を重ねても化粧品が減っていくようなアンチエイジングを目指して行きましょう!