BLOG

美容鍼灸に行くなら、この頻度がおすすめです【経験談含む】

美容鍼灸が初めての方からのよくある質問に「どのくらいの頻度で通うのが良いですか?」と聞かれます。

  • どのくらいの頻度で通うのが効果的か?
  • 実際に通っている人の頻度ってどれくらいが多い?
  • その頻度で通えば効果は得られる?

そんな疑問について書いていこうと思います。

1.最初の2ヶ月は週に1回が理想の頻度です
2.定期的なケアは月に1~2回が多い
3.頻度だけに頼ると失敗します

最初の2ヶ月は週に1回が理想の頻度です

エステやマッサージなど他のケアでも、最初は集中的なケアが理想とされています。

当院でも最初の2ヶ月は週に1回の頻度で行うことを理想としています。ブライダルなどのイベント目的で、ご希望を聞いて週2、3回の頻度で行うこともありましたが、通常の美容目的なら現実的に週1回くらいかなと思います。

2ヶ月の間に集中的なケアを行いたい理由は、お肌のターンオーバーを促進させる目的があります。一般的に、お肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーを28日周期であると思っている方は多いかもしれません。

しかし、実際には・・・

【年代別ターンオーバーの目安】
・10代  約20日
・20代  約28日
・30代  約40日
・40代  約55日
・50代  約75日
・60代  約90日

ご自分の年齢×1.5~2をターンオーバーの目安とされることもあります。あくまでも目安ですが、生活習慣や体の状態によってはそれ以上に遅れてしまっているかもしれません。

当院では30代~50代の方が多いので、頻度を聞かれた場合には「最初の2ヶ月を週1回、その後2週間に1回の頻度にして、3ヶ月で計10回の集中期間があると効果的です」といった説明をしています。

週1回の頻度じゃなければダメなの?

週1回の頻度がおすすめなのはわかったけど、お仕事やお子さん関連など、色々なご都合の合間に、週1回通うのは結構大変かもしれません。

ただ、効果的な頻度と考えるのであれば、長くても10~14日に1回の頻度で集中ケアがあると良いです。

お肌が垢となって剥がれる角質の部分だけでも2週間くらいかかるとされているので、それを活性させるためにもこの頻度は絶対におすすめです。

定期的なケアは月に1~2回が多い

定期的なスキンケア
集中的なケアでお肌に変化を与えた後は、安定や維持を目的とした定期的なケアを行っていきます。

定期ケアの頻度は月に1~2回が理想です。

効果の感じ方にも個人差はありますが、最初は数日から1週間くらいの持続となります。「なんだ、それだけ?」と思うかもしれませんが、刺激を積み重ねていくことで月1回程度の頻度でも安定するようになります。実際に通われる方は、月に1~2回の頻度で来院されることが多いです。

そこで、ぜひ意識して欲しいのは、

お肌やお身体は日々負担を受け、年齢とともに機能も低下していくとうことです。ここでいう定期ケアとは、それらを緩やかにしていくことも含まれます。

「美しく健康に」というのが美容鍼灸の醍醐味なので、お顔に鍼を打つだけでなく美容や健康に寄り添った定期ケアこそが、本当の価値あるものだと思います。

頻度だけに頼ると失敗します

ここまで読んで、単純に頻度だけ増やせばもっと効果があるのではと思うかもしれませんが、その考えだと失敗します。

美容鍼灸はあなた自身の体の反応を利用して行う美容法です。つまり、体の状態が効果に影響するということです。

例えば、喫煙者が美容鍼灸を受けた場合、同じ効果に1.5~2倍の回数を要するとも言われています。頻度によって効果を高めることは出来ますが、効率や維持を考えるならばスキンケア以外のことにも目を向けないと、かなりの遠回りとなるかもしれません。

ただ、ブライダルなどの短期的な目的の場合、週2回くらいの頻度でおこなうことがあります。

アンチエイジングと違って、期日や目的が決まっているので出来る限りの集中ケアをしています。

ご希望により週3回の頻度でおこなったこともありますが、結論をいえば週2回までかなって感じです。

というわけで、今回は美容鍼灸の頻度について書いてみましたが、月に1回の頻度では効果がないという話ではありませんし、この頻度で通うことを無理におすすめすることもありません。

もちろん理想の頻度はありますが、今できることを正しい方向に積み重ねていくことがもっと大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 肌断食で素肌の力を高める
  2. 老化を防ぐ糖化対策
  3. 呼吸を変えれば若さを保てる
  4. 顔のたるみは骨が原因
  5. おでこが硬い時の対策と予防
  6. ミトコンドリアを増やして若さを保つ
PAGE TOP