「少ない力で支える体は痩せやすい」

はなぶさPRESS 5月号 No,31

2018y 5月号 ごあいさつ

5月号 ごあいさつこのニュースレターも30回目となりました!これからも美容や健康にプラスαな情報をはなぶさPRESSでお届けします。
さて、今月は疲れにくい体のために筋力をどう使っていくのが良いかというお話。

なぜ日常の姿勢や歩きに、当院がこだわるのかが分かりますよ!
それでは5月号のはじまり~ はじまり~

筋肉の使い方で運命が変わる

筋肉の使い方私たちは、起きている間のほとんどを「立つ」「座る」「歩く」といった中で生活しています。その動作による負担こそが運命の分かれ道となります。同じような生活をしていても、体の使い方によって疲れ方は違います。それは力の使うところが違うからです。体には「支えるため筋肉」と「運動するための筋肉」があって、そのバランスによって生活の質が大きく異なります。それをどんな割合で活かすのかによって、この先の若さや健康も変わります!

少ない力で支える体は痩せやすい

筋肉の使い方筋肉の使い方人は重力に逆らって生活をしているため、常に体を支えている必要があります。
体に負担を掛けないためには、支えるための筋肉を可能な限り使わないことが理想です。つまり、力の抜けた姿勢を保つことが良いということです。
また、支える筋肉と運動の筋肉は天秤のような関係なので、姿勢に負担を掛け過ぎれば、その分運動の筋肉は同じだけ運動をしても効率が落ちてしまいます。

「筋肉をたくさん使っていれば、痩せやすいのでは?」と時々聞かれることがあります。
痩せるために必要なのは “運動するための筋肉” です。なのに、体を支えるために筋肉を使い過ぎている人はダイエットの効率も悪いのです

頑張らなくてもキレイになれる

頑張らなくてもキレイになれる「その姿勢・・辛くないですか?」そんな会話が当院では日常で行われています。この女性のように力を入れて座っている時点で、もはや姿勢ではなく運動です。疲れないわけありません。このようなことを「立つ」「座る」「歩く」のそれぞれで日々繰り返すことは、過剰に支える筋肉を使っていることになります。何度も言いますが、支える力は減らさなければいけません。私たちは美容や健康に良いことを何でも増やしたがる傾向にあり、減らすことはあまり考えません。しかし、今あるものを改善すれば、特別に何かを頑張らなくても体のコンディションは変わります。だから姿勢革命は必要なのです。

院長のひとり言

僕も増やすのではなく減らしていることがあります。それは“食事”の回数。ちょっとしたきっかけで4月から夜だけを一食にしています。ストイックにはしていないのが良いのか、あまり辛さは感じません。

毎日晩酌もしているし(笑)実験的に少しのつもりが今も続いているのは、メディアの情報ではなく、実際にやってみたからこその感想が多いからです。その辺は、別の機会で書こうかなと思っています

はなぶさ PRESS 5月号の最後に

歪みを減らし老化を抑える現実として年齢を重ねることは避けられません。でも、老化の速度は人によって違います。いくら体に良いことをしていても、一方で体に負担の掛かけていれば、あまり良いとは言えません。だからこそ、何を優先すべきかが大事です。当院が取り組んでいる「立つ」「座る」「歩く」ことの見直しも、すべて今だけでなく将来の美容と健康につながっています。院長は「姿勢やバランスの話ばかり!」と言わないでくださいね。 歪みを減らし老化を抑えるためには、時々思い出してもらうことが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. はなぶさプレス7月号
  2. はなぶさPRESS6月号
PAGE TOP