冷えの不調は自律神経を整えることが大事!美肌にも役立つ背中ケア

 

冷えは美肌の大敵

 

乾燥肌で肌トラブルを起こしやすい時期ですが、それ以上に「冷え」を気にしている方も多いのではないでしょうか?

成人女性の半数以上が冷えを感じているとも言われています。暑さが和らいできた時期なのに、やたらと疲れてやる気がでない、食欲がないといった「秋バテ」も冷えが関係しているようです。

体が冷えていると内臓機能が低下して血行も悪くなるので、体調だけだなく肌の不調にもつながります。だから乾燥肌や肌トラブルを引き起こしている時にスキンケアだけを頑張っていても一時的な解決にしかなりません。

 

寒暖差が自律神経を乱す

 

寒暖差が激しく、台風などで気圧変化も大きいこの季節は自律神経が乱れやすくなります。自律神経は体温を一定の温度に保とうとする働きがあるので、自律神経が乱れてしまうとうまくその働きが出来ずに体温を逃がしてしまいます。体温が下がると内臓機能は低下するので、体調に悪影響をあたえる可能性があります。

体が冷えると内臓機能は低下するので、代謝は下がり太りやすい体質になります。また、冬に向けて体は脂肪を蓄えようとしますので、冷え性の人がダイエットを考えているなら、同時に冷え対策をしたほうが効率が良さそうですね。

 

背中のツボを使って自律神経を整える

 

冷え性を含め関係したトラブルの改善には自律神経を整えることが大切です。施術では自律神経の乱れに背中のツボを使うことが多いです。特に背骨に沿ったラインは自律神経に関係したツボが多く、西洋医学的(解剖)にも自律神経に関連いので押してみると痛く感じるところがあります。

そこを中心にシャワーやドライヤーなどを使って背骨のラインを温めてみてください。本当はお灸もおすすめですが、一人では難しいのですからね(笑)

 

秋は日照時間が短くなり、気持ちを安定させるセロトニンが低下すると精神的にも不安定になります。ストレスが溜まったり、うつ傾向になりやすいのでメンタルケアとしても背中のケアはおすすめです

現代の生活環境は無意識にカラダを冷やしてしまっています。冷えた手足を温めるだけでなく、根本的なところにもケアをしていきましょうね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
PAGE TOP